久しぶりに非常に美しいロココの意匠の
純銀フレンチシルバーのデザートスプーンに出逢いました。
当時、貴族のお屋敷のディナーでは、メインもさることながら
デザートの品数が多く(フルーツコンポートを含め5種類くらいということも)
美しく盛り付けられた夢のようなアイスクリームやデザートは
お屋敷のシェフの腕の見せ所でした。
デザートを作る専用ルームまでありました。
お食事の締めくくりのデザートがどれほど特別であったか、
このような優美なデザートスプーンを見ればわかりますね。
こちらのスプーンは、ボウルの片側に角度が付けられ
ムースやクリームをすくいやすいように
工夫されています。ボウルは艶消しのヴェルメイユが施され
薔薇のエングレーヴングを引き立てています。
エッジのカッティングもお洒落ですし
ハンドルの凹凸もくっきりしていて薔薇やロココの意匠がぎっしりデザインされていて
あまりに魅力的で見ていて飽きません。
純度は950で、ファーストミネルヴァの刻印が入っています。
12本のセットでしたが、いろんなデザインのスプーンをコレクションされている方も多くいらっしゃいますので
1本ずつお譲り致します。
大変きれいな状態で、大切に扱われてきたことが伺えます。
しっかりとした作りのスプーンです。
同じデザインのサービングセットもございます。

(こちらのスプーンは全国送料一律¥510のレターパックでお送りできます。
ご注文後、改めてお見積もりをメールいたします)


長さ 13.5
重量 20g
Labat & Pugibet
1877〜1897年

在庫状況 在庫0個売り切れ中