美しいベルエポックのParisの工房が貴婦人のために誂えた
セント/パフュームボトル。
シルバー部分はフレンチシルバー950/1000です。
そこにギョッシェ加工(現在でも時計の文字盤などにみられる技法でエンジンターンとも呼ばれ、
あのブレゲの考案と言われています。)が施され、細かなラインと可愛いドット模様でお化粧されています。
この技法により銀の表面に凹凸が生まれ、キラキラと輝きます。
フラスコにはクリスタルボトルがセットされ、ガラスの女王と言われる繊細で高度な技法グラヴィール細工が
施されています。薔薇とリボンのグラヴィール。うっとりするほど美しい出来栄えです。
持ち主の貴婦人は、薔薇やジャスミンの香水を愛用していたのでしょうか。
美しいブドワールでは、身支度の際にはいつも側にあったに違いありません。
どんなストーリーが秘められたボトルだったのでしょうか。
蓋のつまみとボトムの内側にはヴェルメイユ加工されております。
ヒビ、欠けなどなく状態良好です。


ファーストミネルヴァの刻印入り
メーカー不明
1900年頃

サイズ 11.5僉6.2
重量  132g

在庫状況 在庫0個売り切れ中