H & Co EnglandとOvington Brothersのダブルネームの
大変希少で愛らしい可憐なデザートセットに出会いました。
ブルーのエナメル彩の鮮やかさとセンターに描かれた花籠のなんと可憐なことでしょう。
マリーアントワネットがプティトリアノンで摘んでいた花籠のように愛らしいです。
プレート縁を彩る小さなローズ飾りも可愛らしいですね。
5枚それぞれ絵柄が異なりペインターのサインも入っています。
プレート縁にはデコラティブに凹凸が付けられ、
特別感が伝わってきます。
お写真で見るよりエレガントで素敵です。
バックスタンプのH & Co Englandとはハマースレイのことで、〜1912年までは
Hammersleyの表記は無くて、H & Co Englandという印になっています。
Ovington Brothersというのは、NYの高級陶磁器店です。
Ovington Brothersから、ハマースレイが依頼を受けて
製作された特注品になります。
1887年〜1912年までの期間に
製作されています。
私自身、花籠柄は大好きですが、手描きのこんな素晴らしいデザートプレートに出会うのは
はじめてのことです。もう2度と出会えないと思います。
状態も非常に良く、ヒビ、欠け、貫入はどなく
大切にキャビネットで保管されていたのだと思われます。
お勧めの逸品です。
コチラからたくさんのお写真をご覧いただけます

直径 約24
メーカー H & Co EnglandとOvington Brothersのダブルネーム
年代 1887年〜1912年

在庫状況 在庫0個売り切れ中