18世紀から続く欧米で人気のリモージュボックス。
フランスでは18世紀から貴族が、練り香水、嗅ぎタバコ、気付け薬、つけぼくろ、砂糖菓子などの入れものとして、競ってリモージュボックスを作らせました。
かのマリーアントワネットは婚礼時に52個の豪華な嗅ぎタバコ入れを持参、ポンパドール婦人は73個のリモージュボックスをセーブル窯に作らせています。
現代では、各国の大統領、皇族、著名人にコレクターが多いことで有名です。
大人の遊び心たっぷりの茶目っ気あるコレクション。
その中でもとびきりKelly'sテイストの可愛いお品をセレクトしました☆

文句なく可愛いの一言です。
ピンクのリボンとローズバスケット柄のリモージュボックスは手描きではなく、プリントによるものです。
裏を見ると、LIMOGES CASTEL FRANCEとありますので
いわゆる手描きのリモージュボックスではないですが
この可愛らしさを前にしたら、あまり気になりませんでした。
バスケットの部分が金彩で貼られていてとても華やかで可愛いです。
ヒンジ部分もしっかりできていて、持っているだけで嬉しくなる可愛いボックスです♪

フランス製

直径5.3cm×H1.8cm
在庫状況 在庫0個売り切れ中