18世紀から続く欧米で人気のリモージュボックス。
フランスでは18世紀から貴族が、練り香水、嗅ぎタバコ、気付け薬、つけぼくろ、砂糖菓子などの入れものとして、競ってリモージュボックスを作らせました。
かのマリーアントワネットは婚礼時に52個の豪華な嗅ぎタバコ入れを持参、ポンパドール婦人は73個のリモージュボックスをセーブル窯に作らせています。
現代では、各国の大統領、皇族、著名人にコレクターが多いことで有名です。
大人の遊び心たっぷりの茶目っ気あるコレクション。
その中でもとびきりKelly'sテイストの可愛いお品をセレクトしました☆

パリジェンヌのカフェでの朝食のようなリモージュボックスです。ピンクのカップには角砂糖がちょこんと入っていて、ちいさなスプーンもついているという芸の細かさ☆
バケットも付いていてとても可愛いのです♪

ヒンジのカタチはリボンになっています。
とてもよいコンディション♪新品です。

すべて手作りの一点もので本物です。

裏にはLimogesFranceと
手描きを意味するPeintMainの記載があります。



フランス製リモージュボックス
パリジェンヌのプティデジュネ

カップ口直径    9cm
高さ        5.5cm
ソーサー直径    5.5cm
バケットの長さ   5.6cm



在庫状況 在庫0個売り切れ中