18世紀の英国を代表する画家トーマス・ゲインズバラ(1727〜1788)。
繊細かつ優雅な筆触と調和の取れた色彩の表現による風景画や貴族の肖像画を制作し、多大な名声を博しました。英国では知らない人がいないほど有名な画家です。

ゲインズバラが描いた貴婦人の肖像画に「Mary Countess Howe(ハウ伯爵婦人メアリー)」がありますが、ロイヤルドルトンではladies collectionとして、名画のなかの貴婦人を模って素晴らしくエレガントなフィギュアを数量限定で制作しました。そのかなの1つがこの優雅なフィギュア「ハウ伯爵夫人メアリー」です。
こちらは1989年の限定5000体うちのひとつです。
シリアルナンバー入りの証明書が付いています。

この貴婦人の装いは、肖像画が描かれた1760年代には外を散策する折にふさわしい格好であったようで、繊細なレースのガウンをローズピンクのシルクのドレスに羽織り、お帽子を被り、大変軽やかではありますが、パールのネックレスを身につけていたりと上流婦人らしいエレガンスを備えた装いです。

とにかく素晴らしく美しく、一目ぼれでした。。。♪♪♪

状態はとても綺麗で艶々のミントコンディションです。
この優雅なフィギュアを飾ると、まわりの空気まで優しくなります。。。
お薦めです。。。☆

英国製ロイヤルドルトンフィギュア
「ハウ伯爵夫人メアリー」
1989年製造
シリアルナンバー入りの証明書付き

高さ   24センチ
最大幅  12センチ
在庫状況 在庫0個売り切れ中